YouTube

中田敦彦のYouTube大学がチャンネル登録者数を隠した理由

中田敦彦のYouTube大学がCh登録者数を非表示にした理由

ミニマル
ミニマル
YouTube大学のチャンネル登録者数が消えてる…なんで?

※中田さん自身が明確に語った内容は追記で。

その理由は、

  • 目立たないため
  • 拡大する時機が過ぎた
  • 登録者数を増やすこと目的ではない

登録者数に言及している動画があります。

それがコチラの動画↓
中田敦彦が哲学から学んだ事とは?

目立たないため

YouTuber謝罪

同じ日にアップした動画が「老荘の思想」を扱った動画です。

中田さん自身非常に影響を受けたと語っています。

老荘の思想を一言でいえば

自然のようにあるがままで生きよう

無為自然ともいわれます。

つまり

  • 増やすな
  • 拡大するな
  • 繁栄させるな

ムリせずに自然で生きようという教えです。

成功すると目立ちます。出る杭は打たれます。

炎上しやすくもなります。

老荘の思想では「成功は危機」と考えるのです。

必要以上に注目されないようにするために
チャンネル登録者数を非表示にしたのかもしれません。

中田さんは次のように語っています。

何万人登録をお祝いしてきたけど、
そこだけが注目されるのは良くない

と語っています。

拡大する時機は過ぎた

軌道に乗ってからは、チャンネル登録者数が10万人増えるたびに
お祝いとして特別な動画が公開されていました。

中でも有名なのは以下の動画ですね。

藤森慎吾が米津玄師「Lemon」を歌ってみた【40万人突破記念】

そして現在、100万人という大台を達成しています。

「中田敦彦のYouTube大学」はたくさんの人が知るようになりました。

だから、もう拡大を意識する段階は終わったのです。

中田さんいわく、

やってやるんだ」も必要だけど
ずっとゴリゴリ、ギラギラは弊害が多い

登録者数を増やすことが目的ではないから

またチャンネル登録者数を非表示にしたのは、

チャンネル登録者数を気にしていない、
内容を見てほしいという意思表示といえます。

登録者とかオンラインサロンの人数を増やすことが目的ではなく

楽しいからやっている。

「毎日更新もできないなら無理しなくていい。
できるペースで上げていく」と語っています。

そして中田さんいわく

「YouTube大学が目指すべきは
街のカジュアルな中華屋さん」

だそうです。

毎日、ウワーってやるわけでなく、
店主の気分によって休むこともあるということ。

大手チェーン店のように年中無休営業し、
常に同じメニューを提供するわけではないってことですね。

街の中華屋さんのような規模感を意識していくそうです。

まとめ

YouTube大学が登録者数を非表示にした理由
  • 必要以上に目立たないため
  • 登録者数を増やす段階は終わったから
  • そもそも登録者数を増やすことは目的ではないから
ミニマル
ミニマル
あくまで管理人の個人的な意見だワン

追記

中田敦彦さんが実際に登録者数を非公開にしたことについて名言しました。カジサックことキングコング・梶原雄太さんの「オールナイトニッポン0」(2019年11月9日)でゲスト出演した際にその理由を語っていました。

その理由とは、

「一つの実験」    

ということ。何の実験かといえばYouTuberのイメージを変えるための実験です。

YouTuberといえば、なにかと収益面が強調されがち。中田敦彦さんも目標としてきた100万登録者数を超えたあたりから「稼いでいるんでしょ?」と聞かれることが増えてきたそう。

実際に、テレビでYouTuberが取り出されるときは必ずいくら儲かっているかなどが話題になります。

中田さんは、YouTuber=金の構図に寂しさを抱えていたそうです。

非公開にすることでそうしたイメージを払拭できるのではないかと考えたそうです。

たしかにどれくらい収益があるかは、登録者数と再生数でだいたいわかるとされますからね。

ミニマル
ミニマル
一つの実験か…あっちゃんのことだから何か裏がありそうだな

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です